ポエム
[TOP]
カラスだって、狸だって、蟹だって
車が多く通る道路、カラスが7、8
羽騒いでいる。
ずーっと、大きな声で鳴いている。
そこでは、トラックが通る時、カラ
スが低く飛んでいる。
近くまで行くと、カラスの羽が折れ
て、出血していた。
動けないらしい。
カラスを抱き抱えた女性が、法的に
は動かしてはいけない。と、言われ
たと、周りの人に言い。
近くの木陰にカラスを置き、そっと
見守っていた。

ある時、向こうから来る人波に、
先頭だって来る、左手を右手で握っ
た狸がいた。
どう、したのか。左手を負傷したら
しい。
だんだん近づくと、挟み撃ちにされ
た狸は、広い庭のフェンスの下を潜
って逃げた。

そして、私はある時、夏場、ここ一
部の地域に居る、道を歩く蟹に出く
わした。
私の前まで来ると、多少大きめな
ハサミを振りかざしたまま、こちら
を見ながら、右に行ったり、左に行
ったり。
彼なりに戦っていた。

カラスだって、狸だって、蟹だって
大変なのだ。


18/09/29 14:41更新 / 瑠璃

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c