ポエム
[TOP]
明け方の夢からの解放
目覚めの時は近づいた

僅かな光も逃さぬよう

その瞼を開ける時がきた

明け方に視るリアルな夢も

ひとたび瞳の中 白い光に照らされれば

かき消えてしまうことだろう

ああ 懐かしい光

今 この時に 帰る時がきたのだ
19/01/31 22:28更新 / Noel

■作者メッセージ
悪夢ほどではない、ちょっと嫌な夢ってありますよね

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c