ポエム
[TOP]
スペースコスモの夢
現象していることが大切なのではなくて、昔から想像をしていることは歴史なんだ。
だからそれが好きだ。逆に見えないこともちゃんと覚えている。
心を割って手を少し貸してくれた彼女
あのまま羽ばたいて行くんだと思った鳥。
彼女のことだけは君は覚えている。

何回別れてもいつか壁を壊して暮らした先が気になるの。
そこで情緒に代わり、叶わなかった夢にすることを、1日1日大切に流れ暮らしながら。
君だってどうして上を見るのか。
私の夢がてんではるかちぐはくなのか、君が先走り過ぎていたのか。
君が痛むのなら嫌だけどすごく寂しいなら西洋を種にして私だって造りたいんだ。

19/03/12 01:32更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c