ポエム
[TOP]
ドラマティックは避けられない
モノトーンからいきなり極彩色になったあの頃
迸る色彩は魅力的だった

淡々と紡ぐ穏やかな今
もう叫べない

身を焦がすような恋が
ただ静かに寄り添う愛に変わるように

ドラマは見る分には面白いけど
リアルじゃ体験したくない

わたしの物語も、誰も味わいたくないだろう
わたしも来世があるとしたら、もうこりごりです

激しい濁流が、いずれゆるやかなせせらぎになってゆく
川の流れのように
19/07/17 21:10更新 / Divai

■作者メッセージ
最後これしか思いつかなかった。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c