ポエム
[TOP]
空っぽの歌。
記憶の中で風景が踊るのを必死に焼きつけようと目を見張る

空っぽのカゴを編んでいく不格好ですわりの悪いカゴ

紙を貼り合わせただけのノートに偽物の愛は描かれたようだ

遠く電車が古い線路を進む音を聞く

あんなに怖かった春が今はただ不気味な生き物

夜に溺れていたいと眠ったのさ風は友達だろう?

空が広告紙の青で濁る気がしていた

いなかった気がする「君」を追いかけて失くした時間がまだ愛おしいよ
19/01/07 22:47更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
恋愛詩になってればいいけど、なってるだろうか。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c