ポエム
[TOP]
消えない面影
あなたと離れて数か月。

一人の生活にもすっかり慣れたと思っていた。


朝起きて、支度して仕事に行く。

仕事終わりに近所のスーパーで買い物して家に帰ってくる。

「ただいま」呟くわたし。

「おかえり」笑って迎えてくれるあなた。


えっ・・・

帰ってきてくれたの?

居ないはずのあなたがいた。思わず目をこする。



・・・もう一度見ると、そこにあなたは居なかった。


「そりゃそうだよね」苦笑い。


ご飯を食べて、片付けてテレビを見る。

あ、あなたの好きだった番組。

猫が映ってる。あなたは猫が好きだったよね。

隣を見る、笑ってるあなたが居たような気がした。

でもやっぱり、そこにあなたは居ない。

あなたの肩に頭を乗せて、寄り添って一緒に笑いながら観てたよね。


思い出す。



頬を熱いものが伝った。

あれ、なんで?おかしいな。





滲む。




なんで?




滲む。





もう慣れてたと思ってたのに。

慣れなきゃいけないと、頑張ろうと、そう思ってたのに。



ねぇ?なんで?



気づいたらいつだって、わたしはあなたの面影を探して追い続けている。



ねぇ、どうして消えてくれないの?




滲む。




頬を伝う雫が熱い、溢れてくる。止まらない。




ポロポロと目から溢れてくる。


「う・・・」


堰を切ったように、崩壊した。




うああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!


消えて!! 消えてよ!!!!

お願いだから、消えてよ!!!!


辛いのはもう嫌なの! もうあなたのことで泣きたくないの!


お願いだから、消えてよ!!


声にならない声で、嗚咽を漏らす。



後悔と寂しさで心も顔もぐちゃぐちゃになって。

いっそ壊れてしまえたらと、考えてしまうほどに。

どうしようもなく、あなたが好きなんだ。



あなたの面影は今も消えない。

どんなに望んでも意味ないと知ってて



わたしは今日もあなたの為に心を削って生きていく。
20/01/27 13:40更新 / 蜜柑


■作者メッセージ
やっぱり、わたしにはあなたが必要なの・・・。


長々と失礼しました m(_ _)m
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c