ポエム
[TOP]
FURUS@TO
あなたがもしも

ここへ訪れて

くれたのなら

まず落ちぶれた伝統文化の

風があいさつ

するでしょう

それがわたしたちの

村長

あなたはそれに

合わせて口笛

吹いたりします

それはここでは

なんの役にも

立ちはしません

さらに風が吹いてきます

わたしたちを越えて

もっと先へ

あなたたちの未来は

伝統により縛られているので

それを破壊してと

ささやく村長

それが精一杯の愛だと

割り切りもっと先へ

もっと先へ

風が吹き渡るこの地には

伝統文化しか

ありません

その分未来が有り余っているので

今を爆発

己も爆発

わたしたちは

爆発します

爆風の風を

未来へ祈って風になって

捧げましょう

まだ咲かないか

花は

まだ咲かないか

花よ

村の一人の

私の声が

声に出ない悲しさで

声に出ない愛しさで

愛に包まれた朝日を

見てみたいのです

叶わぬ夢などありましょうか

この世は叶わぬ夢ばかりだと

生きた心地がしないので

わたしはただ

朝日が見たい

それだけなのです

それだけ祈っても

わたしたちは

風に吹かれて

散っていくのです
19/07/06 17:17更新 / かめれもん

■作者メッセージ
わたしのふるさとのみならず、
伝統に縛られたり、過去に縛られたりして明日を
生きていくのが困難な人は多いことでしょう。
過ぎ去ったものを潔く忘れ去り、明るい明日を闊歩できる
わたしたちでありたいものです。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c