ポエム
[TOP]
天穹図
まだ幼いあの頃
無意味な寂しさが募って
泣いていた日を思い出す

ひとしずくの涙を見せるには
空はあまりに広すぎて、悔しくて
いつか空の地図を描いてやろうと思った

何の筆を使えば雲を裂きながら
一本の線を引けるのだろうかと真剣に考えた
どこかに空に浮かぶ国があるのだろうかと真剣に考えた

いま、空に線を引くのは諦めたけど
地図に起こすのは諦めていない

流れる雲が笑っても
いつか空に見せつけてやるんだ
この空の地図を

これさえあれば
涙を降らすのがどの国か解るんだ
どうすれば気持ちが晴れるのかだって解るんだ

ひとしずくの涙が
空のありかたを変えてしまえるから
描くのを止めない

空はあまりに蒼くて、やっぱり悔しくて
この小さな空を広げる

笑う雲なんてもういない
流れのままにあり続けるもの

それは泣いてしまうほど
涙の意味を変えてしまうほど
素晴らしいものだった
15/01/30 12:43更新 / キョーカ

■作者メッセージ
「てんきゅうず」、と読みます

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」