ポエム
[TOP]
それは避けやうもなく、
静かに忍び寄ってきて、
不図気付くとそれは既に手遅れの状態なのだ。
病とは大抵そんなもので、
気付いたならば既に手遅れの場合が多い、と慰めたところで、
気休めにもならず、唯唯、未練が残るものなのだ。
それで構はぬとは思ひつつも、
必ずやってくる別れの時のためには
今は、涙を流すことは已めておかう。

愛するものとの別れとは、
いつも残酷なものであるが、
残酷故に、此の世は此の世として成り立つとも言へるのかもしれぬ。
さて、死するまでの残された時間、
いつものやうに普通の日常を過ごすとしやう。
それがせめてもの慰めであり、抵抗でもあるのだ。
有り体の普通の生活こそが最後の晩餐に最も相応しいのだ。
20/02/05 18:16更新 / 積 緋露雪

談話室


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c