ポエム
[TOP]
幸せを願われる
幸せを願われる、それだけの厚意が優しく感じる。私の心は涸れていて、もう何も響かないのではないかと諦めていた時があった。けれど、他人に、周りに余り期待をしないようになってからは、些細なことで喜べるようになった。些細な傷に、気付かないふりをするようになった。私はずっと子供で、大切なことを大切にしたまま大人になろうとして、心を壊して、それでもやめられなくて。寂しい生き方なのかもしれない。けれど寂しいことが悪いわけじゃない。こんな私でも、幸せを願われたら嬉しくなるから、だから、まだ大丈夫。壊れたから分かったことがある。壊れなければ気付けなかったことがある。だから私は私のまま、大切なことを大切なまま、死ぬまで生きていこうと思う。
19/11/29 12:14更新 / 涙空

■作者メッセージ
寂しいことは、悪くはないよ。その寂しさが誰かを大切に思える証だと教えてくれるから。

いつも閲覧、投票ありがとうございます(^O^)/

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c