ポエム
[TOP]
気の合う男友達
あなたは気の合う男友達で
気軽に相談できる
よき理解者でもあった

ただ
あなたが妹さんの話をする度
私はなぜかいつも
イライラしてしまった

どうしてだろう?
と、自分に問いつつ
分かっていた

私といるときは
私だけを見つめ
私だけを想っていてほしかったのよ

昔の私は
そんな自分が恥ずかしくて
その気持ちをひた隠しにしてきた

けれどやっぱり
それは恋だった
そう気付いたときには

あなたは私の前から消えていた
19/12/31 00:05更新 / アキ


■作者メッセージ
私は自分の気持ちに鈍感なほうですかね。
というより、素直じゃないのかも。
彼が大学を退学して、初めて自分の気持ちを認めることができました。
今では彼とは疎遠です。音信不通です。
何か事情があるのだと思い、そっとしていますが
こんな別れ方はしたくはありませんでした。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c