ポエム
[TOP]
最低 だけど 最高
深夜二時過ぎ 冷蔵庫の音だけが響く
どくん どくん
もう冷蔵庫の扉を開けても
君の作った料理は何処にも無い
中に入っているものといえば
いつか君に渡そう そう思って
大切に仕舞っておいた 愛だけだ
久々にタッパーを開けて見てみたけれど
腐ってカビだらけ 笑えるね

深夜三時を回った 喉が渇くので何か飲もう
ごくん ごくん
部屋に転がる青い青い 感情を飲む
渇きは収まらないので仕方なく
僕は空を切り裂き水を飲む
お腹が空いた 何かつまもう
カビだらけの愛しかないし
コンビニで 夢でも買おう
新作 またチェックしなければ

狭い狭いこの部屋で
愛を腐らせ 青い感情を飲み干し
足りない夢を買いに行き
煙草を吸ったら眠るのだ
「最低だ。だけど、最高の日常だ。」
涙こぼして笑いながら呟く
ひとりぼっちの夜は永い 永いんだよ

最低 だけど 最高 鳥山渉
20/01/20 02:54更新 / 鳥山渉


■作者メッセージ
携帯のメモ帳に ネタを箇条書きにしたメモがある。
去年一年 一つ書いた先から二つ増えて 書いては増えて また書く なんてことを繰り返していた。
なんだか最近 ネタ帳のテーマに縛られすぎてるし 伝わりやすさばっか意識して楽しく書けてないな と思った。
だから好きなように書いた。
やっぱこうじゃなくっちゃ。
感想だけじゃなく 文句も大歓迎です(笑)
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c