ポエム
[TOP]
あなたへ。
お言葉嬉しくまた感情を持って頂きました。

私は冷たくあるしかありませんでした。あなたの言葉、その用意と卑しさが何とも可愛らしく、また同時に流していくことや私の感情的なところがまたあなたに私を切り捨てさせ苦しまれたのか悩まれたのか、あなたがどう思ったかは知らないしそれが脅威、唯一の造形された脅威であるけれども、退けないとだけ御座います。私もプライドをあげるとしたら、たったひとつとはそれだけといわないと思います。私は違うことは間違いであると検討するし、正しい苦しみは賛成します。必ず繰り返すこころを思うことは出来ない。あなたと夢を絵描きながらあまり他愛なく別れるか、つまらない顔を出し三年踏ん張るか。私はこの二つの正しさに酔います。 相談には慎んで乗りたいのです。 過去のあなたへ。
19/03/05 00:21更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c