ポエム
[TOP]
小さな楽園
とある古い街

紅い林檎の木をかける子猫の後を追い

緑けむるその庭で

水仙の葉踏まぬよう腰をおろす

金の巻髪踊らせる少女は

となりの爺が描いた絵を褒め

甘いシュガーパイを頬張った

お気に入りの歌を歌えば

そこは楽園

幼いイヴはいつかアダムと出会う

アダムとなりし少年は

この地のどこか

同じように微笑んでいるでしょう

作られたばかりの葡萄酒をこっそり飲んで

母親にしかられているかもしれない



19/12/07 18:48更新 / さと


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c