ポエム
[TOP]

夢の中から
手をふっていた

あなたは


なきがらを
春のどこかに
忘れたまま

草のうえを
歩きだしている

少しの希望と
少しの微笑で

世界を
かえようと

もしも
であうことが
あったなら

この花を
手渡そう

いつか
現実のふちで
15/04/26 15:18更新 / 月日

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c