ポエム
[TOP]
せ つ り

また、時が流れ

風は冷たくなった

心は穏やかに

春の日差しは暖かかった

温もりが取れず

暑さに変わった時、夏がきた

心は清々しく晴れやかになったところに

美しい季節がやってきた

秋の木漏れ日は寂しく

そして鮮やかだった

木の葉が舞い落ち枯れ始めた頃

彼は
出会った

心を豊かに

留どめをしらないその儚さに

冬の寒さは消えていった

また春が来て、夏がきて、秋がきた

冬はいつしか

彼のものに

私のものに

姿を変えてどこまでも
20/01/06 16:07更新 / フカミノジョン


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c