ポエム
[TOP]
失恋
きみの優しさが苦しかった
きみの気遣いに締めつけられてた

だって、そんなに強くないから
弱いあたしだって、気づかされるから

きみには無邪気に笑っていて欲しかった
なんの躊躇いもなく
なんの含みもなく

恋は残酷よね
我儘なあたしは、そんなあたしに潰されていって
きみのことを上手くみれなくなっていったんだ

終わらせたのはあたしなのに
その瞬間でさえも泣いたりしなかったのに
前に向かって頑張ろうと
そう決意を新たにしていたのに

何で今更泣いているの?

こころはずっと泣いていたのかもしれない
からだが泣けるようになるまで、ずっと

私の力になりたいと
そういってくれたきみとの時間に

頼りになりたい人が欲しかったはずのあたしは耐えられなかった

あたしは本当にわがままでひどい人

だからせめて
幸せになってください

ただ、願わせて下さい
あたしなんかに、二度と騙されたりしませんように

あたしがこの涙を
このただ純粋なだけの想いを
過去のものにできたなら

ただ一言
おめでとう、と言わせて下さい
そして、ありがとう

こんなあたしに
ひとの温もりを教えてくれた人


時間が経てばいつか
この気持ちは思い出になるのでしょうか
どくどくと
色んなものが流れて出ているこの傷は
いつかは塞がるのでしょうか
19/03/23 15:47更新 / みぃ

■作者メッセージ
はじめて付き合った人と別れたとき、書き溜めていたものを繋ぎ合わせました。
もう月日が経つので供養のために。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c