ポエム
[TOP]


ひらり、ひらり...



蝶がああも人を魅了するのは何故か。



それは美しさか。



それは可憐さか。



それは儚さか。



答えは否だ。



蝶の魅力は、もどかしさにある。



手が届きそうで、届かない。

捕まえられそうで、捕まえられない。





やっとの思いで捕まえたらば、

その美しさは消え失せる。



籠の中で日に日に弱り、

そして

やがて死んでゆく。





もどかしい。



なんてもどかしい生き物だろう。





手に入れようが、入れられまいが、



この生き物に向き合い続ける限り、



永遠に解放されることのない



もどかしさ。





それは積もり積もって、

人を狂気に貶める。





憧れが、



愛が、



執着に変わり、



憎しみに変わり、



やがて殺意に変わる。







蝶はその殺意を食べて生きる。



殺意を向けられて始めて、

今、まさに生きていることを知り、



その喜びに打ちひしがれながら、



羽に愛を込めて、美しく舞う。





ひらり、ひらり..



と。
18/11/19 17:06更新 / 夜美

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c