ポエム
[TOP]
純愛
夏の嵐のような暗雲が立ち込める。
輝かしい晴天を一瞬で嵐に変えてしまったようだ。
だがそれは夏のようにはいかない。
暗雲がどうしても残るのだ。快晴にはならない。
どうだ、このような中途半端な晴天でよいのか。
幾度となく四季を超えればよいのか。
いや、どのようにしようとも、もう快晴にはならないのだろう。
雲のない中での雨だ。晴れていようともそれ以上はない。
偽りのようで正しい、それしかもう目指せない。
だから、それでもよいのかもしれない。
きっと、許してくれるだろう。

19/08/18 05:08更新 / ジャスティファい

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c