ポエム
[TOP]
さよなら、僕の好きな人。

人に言えないけど、心根は優しい人だと
思っていた。

僕の欠点を探しては、逐一注意するね。

自分を出しても、愛しても、サポートしても、陰口として僕に降りかかる。

正直、それでもいいと、思ってた。

言う方が悪いのか、本人に言わず陰で想いを伝えるのが、そんなにいいのか。

人の欠点を、アドバイスを、相手に直接言えないのが悪口だと、何故気づかないのか。


僕は、それでも君が「好きだった」頭にきながらも。
無償の愛なんてあるなら、まさにそれだった。

でも君は、僕からの愛がうざいみたいだ。

僕を好きだと言いながら、本当は僕のことが嫌いなんだろう?

君に言っても、答えが返ってくることは、ない。



僕は君が好きだった。
でもさよならだ。
これで、君の望む通りに、なるよ。
今まで、ごめんね。
僕は、僕を好いてくれる人を、大事にするよ。

嫌われてても、君を大事にしたかった僕は、もう卒業だ。

ここにくるのも、最後にしよう。
でも言えて良かった。
君にあのとき、ごめんなさいと、尊敬してるを、心から言えて。

さよなら。僕の好きな人。


19/03/12 02:43更新 / 名前のない人

■作者メッセージ
さよならを君に。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c