ポエム
[TOP]
しなやかに生きたい
しなやかに生きたいと思った

昔から曲がったことが許せなかった
違うと思うことを認められなかった
濁った液体は飲めなかった
たまに場を回されることがある
「オタク」と馬鹿にされれば、「何が悪い」と答える
それが開き直るということだと理解するのは
もう少し後の話だった
多少の曲がりにも対応できるように
しなやかに生きたいと思った

人を笑わせるのが何より好きだった
人に笑われるのが何より苦しかった
自分を強いと思い込んでいるのだから
弱いところを見せたくはない
でも、だからこそ周りの人は
弱いところを見つけたくなる
だから笑われることの方が多かった
人に笑われるということは僕の心を傷つけた
それでかすり傷が気にならないならば
しなやかに生きたいと思った

笑われることだけは嫌だ
できれば笑わせる方に回りたい
でもいつも笑われる側ばかり
悩んだ僕は自虐を覚えた
笑われそうなその時に自虐を言えば一応は僕が笑わせたことになる
人気者みたいだ
そうして錯覚をしていたうちは気持ちよかった
自虐はオナニーに似ている
自分のことを「神様の凡ミスで生まれた」と言った
「来世が福山雅治なら今すぐ自殺する」とも言った
そうして得た一瞬の快楽は
今の僕の首を絞める
たまに一人でいると怒りが湧き上がってくる
僕を馬鹿にして女子の笑いをとったあいつの方が好感度が高い
そうして惨めな気持ちになって
また傷つくのを恐れて
自虐は続いてゆく

強いだけでは衝撃に弱い
硬い刃物は折れやすい
だから私は、しなやかに生きたい
20/01/06 00:01更新 / ろくに


■作者メッセージ
嫌になってきた17歳

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c