ポエム
[TOP]
朝、目を覚ます。
一日が始まる。
今日も明日も太陽は変わらずに昇ってくる。
私は布団をかぶり、太陽を恨んだ
一日の始まり、それは一日の老いも意味する。
私は無限には生き続けることは出来ない。
これは生きていく全生命が持っている暗黙のルールである。
この一日が一年になり、十年になり
やがて、死んでいく。
この当方もない様であっという間の時間の中で
私は何が残せるのだろう。
何を積み上げていくことができるのだろうか。

19/09/13 18:19更新 / arrow

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c