ポエム
[TOP]

夏の始まりにいなくなった君が忘れられなくて

1日も早く楽になりたいけど

君が心の枷になって

僕を苦しめる

花火の季節

浴衣姿の君を想うと

その横に僕はいなくて

苦しくなりながら

それでも想いに耽ってしまう

君と過ごしてきた時間を

別の事に当ててみるけど

君が空けた僕の心の穴は塞がらなくて

空っぽになることをやめない

いくら満たそうとしても

流れ出る幸せが多過ぎて

僕はまた、苦しくなる
18/08/05 03:33更新 / 悲しい子犬

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c