ポエム
[TOP]
無限の可能性【未来の短歌・2】


もしオレが樹木だったら紅葉の中にみどりを維持するだろう


すべり台を寝そべりながらずり落ちる君たちの無限の可能性


ブランコをしている時の感触だお尻の下のぐわんぐわんだ


結局は何もわからぬ人体の耳がかゆくて突っ込む小指


降って止みやんでまたふる雨粒のオレもがんばらなきゃいかんなあ


このシャツは薄くてちょっと透けるのだオレの乳首ようれしいだろう


うしろから目隠しされた思い出の真っ暗よりも指の感触


がらくたと思ってオレが蹴飛ばしたアレはまだあるのかい長野に
16/03/16 11:17更新 / 工藤吉生

■作者メッセージ
未来の短歌です

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c