ポエム
[TOP]
旅人

ひとっこひとり、いない世界で
僕だけ銀色の海に立っていて
なみかぜひとつ立たないで
ただ僕だけが立っている

声を出しても聞こえない
叫んでみても聞こえない
喉の震わせ方を忘れてしまったのか
それともここには空気がないのか

遠くに何かが見えた
黒い点がぽつりと一つ
だんだん近づいて きているようで
少しずつ大きくなっている

ようやく見えた彼の顔は
まるでくたびれたロバのよう
灰色の足も、垂れ下がったまぶたも
ぼろぼろのシャツも、ぼさぼさの頭も

すべて何も、意味もなく
ただ僕の横を通り過ぎるだけ

僕はその、真っ白な尾を目で追って
その美しさに時を忘れた

まるで星屑が砕け散るような
その宇宙的な神秘の一房
彼が気づく事は無いのだろうな
19/03/04 18:34更新 / メジロ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c