ポエム
[TOP]
みんな口を揃えて 私のことを「弱い」と言う
影が薄いから 誰も私に気づいてくれない

病気だってわかっても
「助けてくれ」だなんて言えなかった
もちろん 誰も気づきやしなかった

ふがいなくて トイレで泣いた
悔しくて 電車で泣いた
悲しくて 授業中に泣いた

「強くなりたい」そう願った
「楽になりたい」そう思った
死んだら楽になれるのか
そんなことを聞いたって 死人は答えられない

楽にはなれない そう思った
なら 強くなりたい
幸せになりたい

幸せになって こんな奴でも幸せになれるよ って
今の私に言ってやりたい

私を信じて 私を愛して
私に気づいて 私を守ってやれるのは
私しかいない
20/01/30 23:50更新 / とろろ


■作者メッセージ
初投稿です。初投稿だから、思い切って自分語りしました。
現在高校生です。うつ病と起立性調節障害を持っています。
これは、私が死ぬのをやめた時に書いたポエムです。
大人の方々にとっては甘ったるい考えかもしれませんが、とりあえず、頑張ってみます。
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c