ポエム
[TOP]
ただ私は、
ひとりきりになれるへや
妄想をしすぎた僕は生に対して無関心に
イマジナリーフレンドとあそぶのも飽きた
だいすきな本も邪魔でしかない


言語化できない感情がながれる
ざあざあ心の臓が濡れていく
純粋、素直、優しさ、紙に例えたらそれらが破れそうだ


ねえ、どうしたい?どうしたい?
あなたは濡れていき、ずっとそのままなの?!
乾きはしないのですか?!


朝になって僕は「あなた」に会った
無という表情をみて僕の淡い情も亡くなった


私は本当のことを言えなかった
二度と会えないのだ
その日の夜は夢をみた
19/12/15 13:16更新 / 甘果想


■作者メッセージ
はじめて投稿します。
男女の切ない恋愛をかいてみました。
拙いですが読んでくれたら嬉しいです。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c