ポエム
[TOP]
にわか雨
通い合えないのなら見届けたい

幻想の雨は止むことを知らず
変幻の時に終止符を打ちたくて
なにか美しいものばかりを見ている

心の声が聞こえない世界が
祝福するのは叶わない虚構
敬虔な思考はあなたに遠く
狂気なんて薄い錆では絶つこともできない

あなたがここにいる全てでありながら
零の針は進むことも躊躇う
明日あなたに出会えたのなら
必ず宇宙を疑うだろう

あなたがいたはずの今日を望んだ
雫のような微かな心は
ここにあなたを受け入れることだけは
決してしないことも知っている

通い合えたのなら絶える時季
16/04/05 00:58更新 / 神山

■作者メッセージ
ご閲覧ありがとうございました!

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c