ポエム
[TOP]
必死に
日が暮れるたび心にできる空間。
それは明るかったり、霧かかったり、荒れ果てていたり、無でもある。

死が突然頭に叩きつけられ、飛び起きどうしよう。どうしようと、ひとり喚く。
強く打ちだした自分の音を聞きながら少しずつ静まる。

私は俺というスターをつくる。
俺は私の好きな道をひたすら突き進む。とてもかっこよくとても愛らしい、輝く理想。
俺の人生は輝いてる。

私の人生はどうだろう。
毎日目覚ましの音に苦しみながら重たいまぶたを開け、最低限の身支度をし仕事に向かう。ダルさも有りながら楽しく会話のある職場。仕事が終われば帰りにコンビニに寄り、布団の上でスナック菓子片手にスマホをながめ時間が過ぎていく。
気が付けば眠りにつき、また朝がくる。
特別悪い人生ではないが、どんより感じてしまう。

生きていれば終わりがくる。
突然叩きつけられる死にいつか。
恐怖ではなく、「生きたぞ!」と生きた証として死を迎えたい。

そのために私は生きなければ。
俺ではなく私の人生を。

必死に
20/01/24 23:13更新 / ジジ


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c