ポエム
[TOP]
小さな君へ
君の両手いっぱいに宿った

色とりどりの神さまのカケラ

明日へ向かって放り投げよう

答えなんて始めからいらない



草むらに隠れたアマガエルの親子が

泣いている君を心配そうに見ていた

アリたちの行列が足跡に続いて

君が家に着くのをそっと見届けていた



誰かが優しくしてくれても

もう怯えなくていいんだよ

ひとが手を差し伸べるその気持ちに

たいした理由なんてないんだ





君のその小さな胸に咲いた

黄や桃の名前のない花たち

どうか摘み取ってしまわないで

答えなんてはじめからいらない



でんぐり返りをしていたダンゴ虫が

うつむく君を不思議そうに見上げていた

恋人を探して鳴きやまぬセミですら

君のため息にふと耳を澄ませていた



誰かのあたたかさに触れても

心から信じてだいじょうぶだよ

自分らしくあることにこだわっても

傷つく必要なんてないのだから








19/09/06 12:35更新 / いまり

■作者メッセージ
米津玄師の「パプリカ」を聴きながら書きました。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c