ポエム
[TOP]
濡らす陽
絶望の陽に濡れる

前髪を滴り落ちた光が
渇いたアスファルトに染み入る

何を探すか
前行くカラスに導かれるように

陽を浴びて艶めく黒には
エメラルドがあり
アメジストがあり

けっして濡れることなく
埋もれてしまうこともなく

その黒で傘を作ったならば
僕も濡れずにいられるだろうか
ひとときでも寒さに凍えることもないだろうか
そしてお前のように陽を享受できるだろうか

絶望の陽に濡れながら
僕はカラスに導かれる
19/10/27 02:30更新 / 九丸(ひさまる)

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c