ポエム
[TOP]
船の上の女
さざ波から漏れる光を見て
船の上の彼女を思う

雲一つない空の彼方へと一羽のカモメが飛んでいく
遠く離れてしまった港には幼い日の彼女
頬に吹き渡る一陣の風
舳先は青い水を分け続ける
それでも大海原は何一つ変わることがない
19/04/07 14:24更新 / 坂上春成

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c