ポエム
[TOP]
June
明日は来るんだって

悲しくても、辛くても



見えない君が僕の側でさ

なきながら呼んでいる、と思う



置き去りにする僕を許してほしい

振り返っても、わからなくなっていく

僕は与えて貰うばかりだ

きっと立ち止まった君に宛てて残せるものはない
18/12/06 02:10更新 / ケケ

■作者メッセージ
愛猫が亡くなったとき、生きる速さの違いをことごとく感じました。
それと、生きている自分は止まれないんだなぁと。なきごえには未だに後ろ髪引かれちゃうね。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c