ポエム
[TOP]
追憶
香る懐かしさ。チョークの匂い。湿った空気の匂い。
けして戻らなくて、戻せない。
踏みしめたあの床も、突っ伏した机も、全ては思い出の中。
窓から見上げた青い空が眩しくて、目を細める。

遠くに聞こえるざわめき。薄暗い教室でぼうっと椅子に座る。
帰らなくちゃ。いや、もう少しこのまま。
開けた窓から吹き抜ける風は少し冷たかった。
金木犀の香りを微かに感じ、匂いを手繰るように目を閉じ意識を向ける。
砂ぼこりの匂いに混じる金木犀の香りを見つけ、ゆっくり目を開ける。
外はいつの間にか暗くなり始めていた。
不意に廊下を誰かが駆けた。
複数の足音が廊下に響き渡る。教室にも反響する。僅かに伝わる振動。
それをじっと感じる。
私は立ち上がり、通りすぎた足音の痕跡を辿る。
背中に感じた風は少し寂しかった。
19/10/19 00:01更新 / しおこ

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c