ポエム
[TOP]
春を思って
雨止みの夜はどうして
こんなにも静かで居心地が悪いのだろう
自分の靴音がこだまするなかで
遠くに見える七色の小さな光に
吸い込まれていた

雨止みの夜はどうして
こんなにも喉元あたりが騒ぎ出すのだろう
水の滴る黒い傘を土に突いて
その漏れた固い響きに
吸い込まれていた

雨止みの夜はどうして
こんなにも人いきれが恋しいのだろう
冷くて僕の腕よりずっと大きい橋の上で
深海のような青暗い街に
吸い込まれていた
19/11/27 23:30更新 /

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c