ポエム
[TOP]
どうしようもなく

どうしようもなく、顔を
出しては隠れるそれを
目を瞑って
避けてみては手にとって

風に
揺られる綿毛のように
波に
さらわれた砂のように

静けさを持ち
温いあたたかさを持つ

それは
何というのだろうか

どうしようもなく稚拙で

知性のかけらもないそれは

剥き出しのわたしだったもの

秋の夜の月が

それを想い起こさせるのだ
19/12/19 02:36更新 / 赤林檎


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c