ポエム
[TOP]
毒と薬


覚えているかい 友よ
共に駆け出した放課後
次の日の雨に嘲笑われても
高く高くと積み上げた砂の塔の姿を

覚えているかい 君よ
過ぎるに任せても無為にはならなかった
見詰めるだけで微笑みを浮かべられた夜を

手に握る感触が無いものの価値
無味無臭のそれを理解出来るなら
藁の上に寝そべった行く先を
星空の下を選んだと さらりと云える


私は変わらない
毒で在り 薬で在り続ける

明日の景色は美しかっただろうか
私の居ない その景色は


サヨウナラ 私の青い薔薇
サヨウナラ サヨウナラ


 
19/02/14 21:32更新 / K

■作者メッセージ
楽園は、気づけば其処に無くなっていた。
夢の中でも。痛みの中にも。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c