ポエム
[TOP]
『晴天の夜』
雲は去って届く月明かり
だが射してくるのは青白い光
いつもそれ見て哀しむばかり
南中高度は今真っ盛り
そんな下見て「影」ひとつあり

あたり一面ずっと砂浜
輝く砂に煌めく海あり
波の音だけただ耳を打つ
ひとりそれ聞き物想う
何かが哀しみを叫んでいる

雲またかかり影は消え去り
波の声が強くなり
砂は騒ぎ海は歌う
何かを覆い隠すかのように

雲再び去って
あたりは単調な空気で溢れ
月は白い光を発して 
美を演出しようとする

いつか私はどこかの町から
空の上を見上げている
月は美しく光り輝き
水や葉そして人をも照らす
光目で追うその終着点
影あと一つそこにはあった
18/12/30 20:14更新 / Seventh in C.H.S.

■作者メッセージ
今日(20181230〜)始めさせていただきました。お願いします。
現状を悲観し未来の恋に思いを馳せる高校生(男子)の目線から見た、風景とともに移ろう自分の心を表した一作です。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c