感想メッセージ
[TOP][ポエムへ]
お風呂騒動

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
−評価−





司門君さんが羨ましい。

もう、あたしには叶わない人生。
もう、子供も産むことなどできない年齢。

このまま、終わってゆく人生。

 耶弓 (やゆ) 19/08/08 23:43
 隣の芝生は綺麗に見える、ですよ、私の長女は子供の産めない身体、でも彼女は彼女なりに楽しみを見つけて前向きに生きています、とは言ってもそれがオートバイのレディースの耐久レースだから親としては心配ですが。

 彼女の癒しは3匹の猫です。

 このまま終わってゆく人生、そう思うのなら今まで生きた時間を壮大な物語にして残すのもいいんじゃないでしょうか、あなたには文才がおありだから、所詮短い人生、そこに小さな爪痕でも残してゆきましょうよ、私もこのまま病気で終わる気はありませんから。
 司門君 19/08/09 09:41
じじ〜〜!おはようございます。
突然失礼を致しました(^_^;)

ケー君の可愛いらしさと
じじとのやり取りがほのぼのしていて癒されます

私には父親が居ません!
母は私を妊娠してすぐに離婚
父親に会った事もありません!
結婚して義父はおりますが、
司門さんの作品を読んでたら
本当の父親が居たらきっとこんな風景も
義父を見る感情とは違うのかな〜〜とか
色々と思いました!
子供たちは義父をじいちゃん!と呼びます
もし実の父親が居たら
私もじじ!って呼ばせてたと思います!!


司門さん!
治療頑張ってくださいね!
スミマセン。いつもそんな事しか言えずに………

待っていますから〜〜〜(^^)/
 mayumi 19/08/09 11:15 評価:とても良かった!
司門君さん、

えっ、あたし、文才あるんですか?
あたし、作文とか論文とか凄く苦手で文章下手ですよ。

あたしも、猫また飼いたい。けど、あと20年も責任とれない。
それに、あんずが亡くなった時のあの辛過ぎる耐えられない哀しみを、もう二度と…
でも、今、猫と一緒に過ごしたい。

でも、今自分が自立して生活してゆくことも出来ない状態。
病気のせいで、普通の人のように働けず、母が亡くなったら、
あたしは、実際に一人で生活してゆけない。
それじゃ、猫なんてとても飼えない。

 耶弓 (やゆ) 19/08/09 13:57
 mayuniさんへ。

 皆色々な人生を背負って、長い長い坂道を歩いているんですね。

 私の父親は家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス)の激しい父で正直尊敬することは一度も無いまま60代でこの世を去りました、そんな父を見て自分は決して妻や子供に暴力は振るわない、そう決心し、言葉では怒っても手を上げた事はたった一度しかありません。

  >ケー君の可愛いらしさと
   じじとのやり取りがほのぼのしていて癒されます

 ありがとうございます、この作品は私自身とても好きな作品で、司門一家の詩として別保存しているのです。

  >治療頑張ってくださいね!
   スミマセン。いつもそんな事しか言えずに……
   待っていますから〜〜〜(^^)/ 

 一番うれしい言葉です、待ってくれる人(私の場合は猫もいますが、笑)が居ると言う事は生きる目的の場所があると言う事、本当にうれしいです、ありがとう。
 司門君 19/08/09 14:06
耶弓さんへ。

 私はあなたの文章好きですよ、心に届くから、皆文章を書くとき、特に詩や小説など文学というもの、それらは綺麗に書こうとする、それが悪い事じゃないが、裸の言葉が見えにくくなる、かと言って、このサイトにも多く見られる、ただ自分の不満をぶちまけただけの詩にもなっていない文章を載せている方もいる、そんな中で、ただ切々と自分の思いを綴った数少ない書き手の一人です、私は全部の作品を読んだわけではないが、今は来なくなった一人を含め三人の作品に心惹かれました、その一人があなたです。
 これはあくまでも私一人の感じ方ですが、文才はあると思います、いい詩人の作品をたくさん読めば自然と筆力は上がってきます、いい作品の模倣からでもいい、挑戦する価値はあると思います。
 
 司門君 19/08/09 14:29
司門君さん、ありがとうございます。

実は、書きためた詩を投稿し終わる前に、編集部に持ち込もうと、
検索して、詩の批評や相談やアドバイスしてくれるところを見つけ、電話したら、詩を完成形にして、書いた詩を全部送って下さい、そうすれば、あなたに詩の感性があるか、世界観がわかるから。と言われ送ることにしました。そこは、共同詩集を年に何回か出版している会社です。最新号を買えば、前の号はプレゼントするので、熟読してから、送って下さいってことになり、今、読んでいるんですが、いかにもこれぞ詩って感じで、あたしの詩は詩とは呼べないんじゃないかって、送って、詩の感性がないと言われたら、終わりだって、不安で怖くなってました。

司門君さん、自分がいい作品だと思う詩を沢山読んで頑張ってみようとおもいます。

司門君さんが、あたしには、文才があると言ってくれたことを、あたしの詩は心に届くと言ってくれたことを、支えにやってみるので、
司門君さんも、病に負けないで下さいね。クロエの為にも、病に打ち勝つと、あたしは信じています。
 耶弓 (やゆ) 19/08/10 00:14

TOP | ポエムへ


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c