社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

「昔」タグの記事一覧

今を生きられない

こころ

部屋から外に一歩踏み出せば

呼吸すらうまくできない

なんて生きにくい世の中だ

ああ昔は良かったななんて

くたびれたオヤジの言うセリフ

今日も残された人生を

見えないふりしてやり過ごす

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

青い空に一粒の雨

追憶 こころ

新しい時代が

始まったっていうのに

相も変わらず

じたばたしているオイラさ

前に進めないまま

また今日が過ぎてしまった

遠い遠い昔

アイツと見た旅の空は

どこまでも青く広く

夢が未来が光輝いていたっけ

人目を避け歩く

今のオイラの目に映る青い空は

同じ眩しく青い空なのに

どうしてこんなに

悲しく見えるんだろう

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

昭和のともしびよ消えないでくれ

追憶

一年もすれば

平成が終わりを告げる

平成ってどんな時代だったっけ

時代の波に翻弄され

思い出ひとつも浮かばない

遠ざかりゆく昭和のともしび

そのうち

平成レトロなんて言葉が

流行り出すのかな

今よりずっとずっと不便だった

懐かしの古き良き時代

昔は良かったなあって

言い合えるヤツらがいないことが

今は何よりも寂しくて悲しい

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

不吉な雲と明るい未来

追憶 戯言

TVは毎日

暗いニュースばかりです

空はどんより

不吉な雲が漂っています

日々の暮らしに

希望は見えなくて

通り過ぎる季節を

ただ見送るだけ

ああ

昔はよかったなあ

ああ

あの日に戻りたいなあ

そんなことばっかり吐いてる僕に

明るい未来なんて来るんだろうか

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

変わりゆく風景の中の自分

追憶

電車のドアにもたれながら

ぼんやり外を眺めてる

変わりゆく風景の中に

溶け込んでいない自分が映る

はじめて見たビル群に

心躍らせていた日は遠く



降り立つ駅は今も昔も

人人でごった返ってる

変わりゆく風景の中に

ふと甦ってきた記憶

そういえばこのあたりに

靴磨き屋さんが並んでいた



変わらないもの探すのは

容易なことじゃないよね

変わりゆく風景の中に

よろけながら歩く男

ガラスに写っていたのは

まぎれもなく自分だった

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

昔はよかったなあって言わせて

ひとりごと

毎日のあいさつ代わりの

切なく悲しい台詞

「昔はよかったなあ」

底の底で

這いずり回ってるボクでも

そう思える時代があったんだ

そうボクは幸せだったんだ

今だってボクはきっと幸せさ

こんなに冷たい世の中を

ちゃんと生きてるじゃん

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

僕はここにいるよ

追憶

寂しいな

みんないなくなっちゃった

会いたいな

どこへいっちゃったの

ほら 僕は

昔のまんま

ここにいるよ


季節は移り変わっても

変わらない想い

胸の中にあるよ

あの日の記憶

持ち寄って

あの日の笑顔

見れたらいいのにな

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

ページの先頭へ