社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

「公園」タグの記事一覧

ヴィーナスに感謝を込めて

追憶

早朝の公園

背中丸め

佇む

老いぼれひとり

東の空

母のような

ひときわ輝く

星ひとつ

生まれた時から

今日までずっと

守ってくれて

ありがとう

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

昼下がりの公園の平和な住人

日常

昼下がりの公園

いろいろな人がやってくる

子供と戯れるお母さん

ちょっと一服営業マンさん

犬と散歩の愛犬家さん

スケッチしてる絵かきさん

レンズを覗くカメラマンさん

ウキを見つめる釣り人さん

将棋さしてる常連さん

ベンチで休憩会社員さん

お昼寝タイムの野良猫さん

穏やかに緩やかに

時間は過ぎてゆく

平和だなあって

空を見上げれば

青空にぽっかり浮いた

ピースサイン

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

寂しがり屋たちが立ち寄る星が見える小さな公園

追憶

飲み屋街を抜けると

ブランコとベンチがあるだけの

星が見える小さな公園があった

しゃべり足りないオレたちは

ベンチに腰をおろし

夢のつづきを語り合った

悔しくて情けなくて

どうしようもない夜は

夜空見上げて

気がすむまで声を出して泣いた

オレたちの夢も涙も知っている小さな公園は

いつからかオレたち寂しがり屋の

溜まり場になっていた


今もビルに隠れながら

ひっそり佇む小さな公園

誰もいないひとりぼっちの寂しさに

あの日と同じように夜空を見上げた

星が見えない小さな夜空が

一緒に泣いてくれているようだった

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

冬とたわむる昭和の少年

追憶

小さな幸せさがしながら

今日もとぼとぼ歩いてる

うっすら白い公園の

霜が降りた土の上

サクッ サクッ サクッ サクッ

はるかかなたの冬の音

冬とたわむる昭和の少年

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

秋の日の風景

ひとりごと

公園のベンチに寝転がって

青い空を見ていた

どこまでも澄んでいて

どこまでも広かった


喫茶店の窓際の席から

通りを行く人たちを見ていた

誰もみな凛として

前をみつめて歩いていた


公園通りの並木道は

すっかり秋の装いで

道行く人たちの心を

そっと和ませてくれていた


突然溢れ出したせつなさは

悲しさでも寂しさでもなく

大切なものを見つけたような

郷愁にも似た遙かなぬくもり

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

公園のベンチに佇む野良猫ひとり

日常

紫陽花の花がキレイだ

もうそんな季節

ひとり公園のベンチに座って

ゆっくりと流れてゆく時間を見ていた

こんな時間に公園にいるのは

おじいちゃんと

おばあちゃんと

子供を連れたおかあさん

何してんだろう

僕はまるで

ひなたっぼこしてる

公園の野良猫

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

雨の日は絶好の散歩日和

日常

雨がしとしと降ってる

夕暮れのような朝

今日は絶好の散歩日和

ネコの子ひとりもいない

公園横切って

いつもの散歩道

傘で身を隠し歩いてる

雨がスキ

心の乱れ隠してくれる

存在すら消してくれる

今は雨がスキ

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

ページの先頭へ