社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

「2014年10月」の記事一覧

旅をするあなたへ

追憶

秋の夕暮れは

どこか寂しい

ひとり

旅をするあなたは

なおさらでしょう

哀愁色の空に沈む夕日

今日よりもましな

朝がきますようにと願う

旅をするあなたは

今どこで

この夕日を見てるのでしょうか

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

海はひろいなおおきいな

こころ

なにもかもうまくいかなくて

むしゃくしゃ気分で

家を飛び出した

南行き快速電車に乗り込み

海岸前の駅で降りた

ほどよくやわらかい秋の陽射し

やさしく心くすぐる海からの風

夏の足跡消えた浜辺歩きながら

沖で泳ぐヨットを見ていた

果てしなく続く水平線

果てしなく続く空

もう些細なことなど

どうでもいいと思った

いつのまにか

さっきまでのむしゃくしゃ気分は

どこかの空へ飛んでいった

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

オイラに明日はあるかい

ひとりごと

何処に向かって

歩いているのか

時々

わからなくなって

ひどく不安になるんだ

アンタ

おしえてくれよ

オイラは今

正しい方向に

向かっているかい

今日の風よ

おしえてくれよ

オイラに

明日はあるかい

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

壊れていく神経回路

戯言

仕事もしないで

ごろごろしてる

仕事みつけなけりゃ

でも仕事がみつからない

日を追うごとに

生活は困窮

働かなければ

でも働きたくない

壊れていく

神経回路

ぶち壊したい

世の中のすべてのシステム

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

過去現在未来

ひとりごと

過去を振り返ると

恥ずかしいことばかりだ

現実を見ると

情けないことばかりだ

未来を予想すると

不安なことばかりだ

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

消えた街と秋の風

追憶

それじゃまたと

いつものように

みんなと別れてから

どのくらい

時間が過ぎただろうか

飲み明かしてた

馴染みの店も

待ち合わせ場所の

駅前通りの喫茶店も

姿を消してしまった

街の景色も世の流行りも

すっかり変わってしまった

変わらないのは空の色と

街を通りすぎゆく秋の風

街のどこかで

懐かしい人の声が

聞こえた気がした

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

一寸先の寿命

戯言

長生きしたいなあって

云ってた友は

すでにこの世にはいない

   
人一倍健康に

気をつけていた友も

もうこの世にはいない


頑丈で

病気ひとつしなかった友も

もうこの世にはいない


人の運命なんか

誰もわからない

人の寿命なんか

誰もわからない

わかっているのは

誰しも否応なしに

老いぼれていくことだけだ

 


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

ページの先頭へ