夏を惜しむように蝉の声

吹く風はどことなく秋

夏のざわめきが懐かしい

9月の一日

たった一人のお友達

馴染みの野良猫と戯れる

もはや僕は野良猫

群れを嫌う僕ははぐれ猫